森のたね

富士山麓での田舎ライフを綴る「森のたねブログ」。「農村ライフの楽しみ方」や、「アウトドア・自然体験などのイベント」を紹介していきます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恒例の森づくりおこないました

森のたねでは、いくつかの森で森林整備活動を行っています。

森のたね 森づくり ミカン畑作業後

本日の作業はというと、
・春に植樹したミカン畑の草刈り
・ミズキの伐採
・薪置き場づくり
・ドングリの苗畑づくり

こういった里山整備活動はやはり、手間がかかりますね。
この「手間の価値」を新しく創出する必要があるなーなんて思いました。

みるみる景色が変わっていく、
単純作業の中に瞑想の要素がある、
自然とのつながりを実感できる、などなど。

ちなみに作業前はこんな様子。

森のたね 森づくり ミカン畑作業前

おおきなドングリの木の下には、ちいさな実生たちが沢山。
2~3年後の植樹のために、苗畑をつくったりもしました。

森のたね 森づくり コナラ苗

作業は定期的にやっているので、手伝いしてくれる人、大募集中です。
平日も土日もやっていますので、よかったらどうぞー
(NAOKI)
スポンサーサイト

| 森づくり日記 | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

田んぼ、はじめました。

念願だった、田んぼをはじめました。
部分ぶぶんは、もちろんやってきましたが、自分の田んぼをうけもってやるのは初めて!!

田んぼの師匠に手ほどきをうけながら、3枚のだんだんの田んぼをやってます。
一番上は自分、2番目は大工、3番目はモデル。
どんなことになるやら、楽しみでなりません。
来年の記録のため、日にちも記入しておきます。

森のたね 富士山田舎暮らし 田んぼプロジェクト1

大麦がうわっているので、準備は遅め。
5月28日に、大麦を刈り、畔の草を刈り、水をいれました。

森のたね 富士山田舎暮らし 田んぼプロジェクト4

なかなか水もたまらないもんですね。
いたるところに、モグラの穴・穴・穴。
日に日に愛着がわいていくー

森のたね 富士山田舎暮らし 田んぼプロジェクト3

6月4日に、トラクターで本代掻き。
どんどんタイラになっていきます。
なんだかうれしい。
今までの田植えは、お膳立てされて、植えていただけでしたが、
「田植えができる喜び」というものを初めて感じることができました。

森のたね 富士山田舎暮らし 田んぼプロジェクト2

6月8日、梅雨の合間に、田植え。
なんだかんだ、30人ほどの人が集まってくれたでしょうか。
ジャンベ隊のアイニケや、太鼓職人のグランジ工房も応援にかけつけてくれて、
太鼓のリズムにあわせて、田植えを楽しみました。
柚野じゅうに音がひびいていたとか。

さて、これからは草との戦いだー
(NAOKI)

| 田舎暮らし日記 | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミカンの樹を植えました

ここのところ、森のたねでは森づくりをすすめています。
その結果、森に光が差し込みはじめ、開かれた土地もあらわれました。

どんどん森の様子が変わってきたことから、
森づくりのメンバーで集まって、初のキャンプをやりました。
静かな森の中で、焚火を囲んで、酒を呑む。
そこに生えていたノビルのチヂミや、肉や魚や野菜たち。
まー美味かった!!

そして、次の日はみかんの植樹。
みかん農家で、サクラエビ漁師で、富士登山ガイドのカッセに講師をお願いしました。

森のたね 富士山田舎暮らし みかん植樹

ちょっと気候は寒いかもしれない、、、だけど大好きなみかんを植えました。
大きく実ってくれたらいいなー

森のたね 富士山田舎暮らし ゆらぎ耕運機

そして、手伝った気マンマンの息子。
文句も言わずに、見よう見まねでがんばってました。

今後も森づくり続きます。
ぜひ、森の変化を味わいに来てくださいねー
(NAOKI)

| 森づくり日記 | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「森づくりボランティア」と「間伐材クラフト」な週末はいかが?

森のたねでは、地域貢献の一環として、森づくり活動をすすめています。
5月の第2週末は、森づくりと間伐材クラフトのイベントの紹介です。

森のたね 富士山田舎暮らし 森づくり 

『森づくり作業と間伐材でカトラリーづくり』
 ★日時:2014年5月10日(土)9:30~14:30
 ★場所:森のたね(静岡県富士宮市大鹿窪1158-14)
 ★料金:500円(保険代、材料費)
 ★募集:7名 ※5/2まで受け付け、先着順
 ★持ち物:昼食、飲み物、軍手

静岡県のすすめる「春の森づくり県民大作戦!」の一環としてのイベントです。
県民の力で、森に力を与えよう、という取り組みです。
午前中はがっつり森づくりボランティアで体を動かして、
午後は間伐材を加工して手づくりのバターナイフをつくります。
大人はもちろん、家族でもやる気のある人ならだれでも歓迎!!

森のたね 富士山間伐材 マッシュルームチェアづくり

そして、次の日は、
『間伐した丸太で、マッシュルームチェアづくり』
 ★日時:2014年5月11日(日)13:00~16:00
 ★場所:富士山環境交流プラザ(静岡県富士宮市粟倉1618-9)
 ★料金:3,500円(材料費)
 ★場集:20名 ※5/5まで受け付け、先着順
 ★持ち物:トンカチ、カッター、裁ちばさみ

染色工房豆さんや、富士山環境交流プラザとのコラボ企画です。
自分の家にも、富士山ヒノキの森を、取り入れてみませんか。

申込み先:
森のたね 井戸(morinotane@gmail.com、090-1075-5812)

どちらも単発参加の募集ですが、両方参加してもらってたら、
「森とのつながり」がみえて、面白いと思いますよー

| 森づくり日記 | 14:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『獣皮残脂処理講習会』の募集!!

野生動物の捕獲に携わる方々にむけて、講習会のお知らせです。

森のたね 獣皮残脂処理講習会 募集

野生動物の恵みを活かすために、
「獣皮残脂処理講習会」を行います。

野生鳥獣対策のひとつとして、
各地で野生鳥獣の捕獲がすすめられています。
野生の恵みを最大限に活かすためにも、
今まで活用されてこなかった『獣皮(鹿・猪)』の残脂処理講習会を行います。

捕獲して皮むきした後の生皮を『革』とするための前処理や、
残油を「皮革用WAX」に活かすための方法について紹介します。

■日時:2014年3月23日(日)10:00~12:30
■場所:富士山環境交流プラザ(静岡県富士宮市粟倉1618-9)
■参加費:3,000円
■定員:15名(先着順、事前申し込み制)
■講師:山口産業(山口)、アイスペイント(柳澤)、森のたね(井戸)
■スケジュール:
 10:00 富士山環境交流プラザ集合、挨拶、座学
   獣皮について(井戸)、なめしについて(山口)、残油について(柳澤)
 11:00 剥いだ鹿皮と猪皮を使った実習、皮革用WAX製造キット実習
 12:00 質疑応答
 12:30 終了
■申込み:morinotane@gmail.com(森のたね 井戸) 
   ※氏名、所属、住所、電話番号をお知らせください
■主催:森のたね
■後援:MATAGIプロジェクト、日本エコツーリズムセンター

ちなみに、この日は環境交流プラザで開催されている
「富士山環境展~鹿の命の循環循環~」の最終日です。
ここでは「鹿骨」の活用をテーマに開催していますので、
あわせてお楽しみください。

ぜひ、この機会にご参加ください。

| 狩猟日記 | 23:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://morinotaneblog.blog133.fc2.com/blog-entry-357.html