森のたね

富士山麓での田舎ライフを綴る「森のたねブログ」。「農村ライフの楽しみ方」や、「アウトドア・自然体験などのイベント」を紹介していきます。

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

開墾 我流自然農畑!【田舎暮らし日記】

森のたね 富士山田舎暮らし 自然農開拓
地に足を付けた暮らしをしたい。
そのための場所探しを、結婚して以来していた。
良い場所がないか!という視点で旅をしたり。
親戚が田舎暮らしをしている能登や、縁のある滋賀。
他にもちょこちょこ見てきたが、
色々見て、落ち着いたのは、富士山に見守られた、水と緑が豊かな里山。
柚野。

そう、結局、もとの場所に戻ってきたのだ。
隣の芝は青く見えたが、数年住み慣れたここ柚野が、とても心地よかった。

柚野の外れ、森に囲まれた小さな住宅地にある、中古の平屋一軒家を購入することに決め、
2009年より新しい生活がスタート。住宅地と言えども、隣接するのは裏の1軒のみ。
隣は杉林。目の前はワラビの自生する野原。鳥の声が絶えない。
野原からは下に広がる柚野の里山が見渡すことが出来る気持ちのいい場所。

そんな景色のよい場所に畑が欲しい。
焼酎1本で土地を貸してくださる、おじいさんに甘え、いざ、開墾。
雑草、背丈もある笹。
刈払い機をつかい、いざ開墾! 「若者が何か、がんばってるぞ」と気のいい
近所のおじさん達が手助けをしてくれ、すっきりと、畑の土台が出来上がった。
人の力のありがたさ。
いいところに移り住んできたなぁ、と感謝。

手伝ってあげたくとも、妊婦には、応援することしか出来ず、
NAOKIが1人でがんばる。
なるべく食卓は自給したもので飾りたい。
そんな想いを力に開墾。
スポンサーサイト

| 田舎暮らし日記 | 18:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://morinotaneblog.blog133.fc2.com/blog-entry-357.html