森のたね

富士山麓での田舎ライフを綴る「森のたねブログ」。「農村ライフの楽しみ方」や、「アウトドア・自然体験などのイベント」を紹介していきます。

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

狩猟ツアー ~鹿の解体とジビエと森あるき~

森のたねに、二人の方が遊びにきてくれました。

まず、森のたねガレージにて、狩猟のお話。
野生動物の話や、猟師の話など、もろもろお伝えしました。
感性豊かなお二人で、質問もたっぷり。
耳の不自由なお二人だったので、会話は筆談とジェスチャーと表情です。

さっそく、鹿の解体教室へ。
事前に、地元若手猟師仲間と捕獲した鹿を解体します。

森のたね 鹿の解体教室 猟師ツアー

半身を自分で行い、半身は参加者で挑戦してもらいました。
言葉で伝えられないので、なかなかできないだろうなーと思っていましたが、
それは自分の全くの誤った考えでした。

耳が聞こえないということで、おそらく、その他の器官や感性がより豊かなんだと思います。
一度見たことを、見事に行動していました。
皮に傷をつけなかったので、なめしに活かせそうです。
解体、そして精肉をし、お土産にいろいろな部位の肉を持って帰ってもらいました。

そして、昼がジビエ料理体験ということで、鹿肉をいただきました。
解体した鹿の心臓と、柚野の美味い有機野菜のバーベキューと、
事前に用意していた鹿カレーというメニューでした。

お一人はいつもは肉を食べないという方でしたが、
初めてこんなに肉をおいしいと思った、価値観が変わったというほど、喜んでいただきました。
やはり、味覚の感性も豊かで、本物の味がわかるのだと思います。

そして、近くの山へ移動し、猟師と森あるきへ。
わな猟体験や、野生動物の痕跡を探しながら歩き、狩猟の世界を感じてもらいました。


実はこのお二人は、エスニック専門リユースショップの店員さんと写真家さんで、
今朝の「ぶつぶつ交換市」にも参加してくれました(遅れて)。
アジアンなぶつや、ポラロイド写真などと交換されました。
また、今までにはないテイストに幅が広がりました。

楽しい、学びのある1日でした。
また、つながれそうな予感のする出会いに感謝です。
(NAOKI)
スポンサーサイト

| 狩猟日記 | 21:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://morinotaneblog.blog133.fc2.com/blog-entry-357.html