森のたね

富士山麓での田舎ライフを綴る「森のたねブログ」。「農村ライフの楽しみ方」や、「アウトドア・自然体験などのイベント」を紹介していきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

狩猟中の様子【狩猟日記】

狩猟をしました。
正確にいうと、この時期なので「有害駆除」という名目になります。

農家さんや林家さんが野生動物の被害にあうと、
「なんとかしてくれ~」と行政に届出ます。
そこから、猟友会の方へと有害駆除の依頼がくることになります。

この「有害駆除」という言い方は、いやですね。
もともと野生動物は害ではないはずで、
ブログでいろいろ書いているとおり、
そもそもの原因を生み出しているのは「人間」でしかないはず。
「有害駆除」という言い方ではなく、
もっと謙虚な言い方をしたいものです。


さて、狩猟中の様子です。

森のたね 富士山田舎暮らし 狩猟中

自然学校では自然体験を行うのですが、
そのとき「音いくつ」や「ソロ」を行います。

「音いくつ」とは、声や音などをなるべく出さない状態にして、
自然の中の音を、耳をすませて聴くというもの。

「ソロ」は、自然の中で一人になり静かにしていることで、
自然との一体感や恐怖などを感じるもの。


グループ猟では、この「音いくつ」や「ソロ」の本番のようなもの。
写真のようなところで、銃をもって身をひそめます。

野生動物は目で見つけるようにもずっと先に、
猟犬の声で気づくか、野生動物の足音で気づきます。
そして、なるべく自分の存在がばれなければ、
限りなく近くまで寄ってくることになります。

遠いと、もちろん命中率は下がるので、
なるべく隠れてじっとして、ここぞというときまで待つことになります。
殺気を消し、自然と一体になる瞬間ですね。


で、今回は獲物は獲れず、でした。
立つ場の中に猪と鹿はいたのですが、
今回は、あちらの野生動物が一枚上手だったようです。
あっぱれ。

(NAOKI)
スポンサーサイト

| 狩猟日記 | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://morinotaneblog.blog133.fc2.com/tb.php/182-249faecd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://morinotaneblog.blog133.fc2.com/blog-entry-357.html