森のたね

富士山麓での田舎ライフを綴る「森のたねブログ」。「農村ライフの楽しみ方」や、「アウトドア・自然体験などのイベント」を紹介していきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

屋上にて鹿の解体!

獲った鹿を、山の中で解体することはあります。
猟師小屋や家のガレージなどでやっています。

先週は、自分としてもはじめてとなる経験をしてきました。
場所はこちら↓

森のたね 屋上鹿解体 屋上全体の様子

横浜のビルの屋上にて、狩猟仲間と鹿の解体を行いました。
静岡から鹿を持ち込み、社員研修として行いました。
「どうなることか」と思いましたが、みな思った以上に手を出してくれました。

仕事の時間帯によっては、こんな感じ↓

森のたね 屋上鹿解体 大人数

めっちゃ多いです。
しかもスーツです。

解体後は、そのまま屋上にて鹿肉をいただきました。
バーベキューや鍋や燻製にして。
総勢50人くらいでいただいたでしょうか、
35キロほどの鹿肉がほとんどなくなったのが印象的でした。

昔の村では、猟師がとってきた鹿を、こうやってみんなで食べたのかなあ・・・
そんなことを考えながらいただきました。

森のたね 屋上鹿解体 ばらし


今回は、死んだ鹿と生きている鶏を持ち込みました。
初めのイントロでは、
野生動物と家畜動物について、
狩猟活動の中の解体&精肉の作業について、
なぜ猟師になったか&富士山の森の変化について、
などなど、の前フリ。

最後のディスカッションでは、
命を食べるということについて、
祈りや感謝や謝罪について、
価値と判断の基準について、
などなど、話はひろがりました。


森のたねの活動している里山では、
そこに暮らす人だけでは解決できない問題が山積みです。
マチに暮らす人の理解と協力がどうしても必要です。

こうしてマチの人たちに、なるべく山や森のこと、
野生鳥獣とのかかわり方、狩猟の現実など、
機会があれば、なるべく出向いていきたいと思っています。
(NAOKI)
スポンサーサイト

| 狩猟日記 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://morinotaneblog.blog133.fc2.com/tb.php/309-fac35fca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://morinotaneblog.blog133.fc2.com/blog-entry-357.html