森のたね

富士山麓での田舎ライフを綴る「森のたねブログ」。「農村ライフの楽しみ方」や、「アウトドア・自然体験などのイベント」を紹介していきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伊豆半島シーカヤック一人旅 ~パート?~


前後のハッチにテントやシュラフ、自炊道具を積み込む。
もう気分は旅人。どんな旅が待ち受けているのだろうか。
期待と不安に胸がふくらむ。

田子の浜辺を出発、湾内は波は大きくない。
目指すは松崎。
行けそうだったら行こう!
波がはげしかったら、引き返そう!
そう心の中でつぶやく。

湾を出たとたん、でかい「うねり」の中に入る。
うねりの山と谷で1~2m程度の高低さがあるので、
漕ぎながらも、上下に揺らされる。
すぐに人工物や人は見えなくなり、心細くなる。
「ここでコケテモ誰も気づいてくれないんだろうなあ。」
知らず知らずに肩に力が入っていることがわかる。

崎のようになっているところは、白波があがっている。
崎に近すぎないように、しかもあまり沖にでないように注意する。
三四郎島が見えてきた。
ここは4つの島が陸から沖へと連なっているところで、
干潮時は伊豆半島とつながり、歩いて4つの島を渡れる。
満ちてくると 別々になり、4つの島になる。

なんとか陸よりを漕げそうなので、陸よりルートを選らぶ。
そこでは面白景色がみれた。
浅くなっているところに、島を巻くように両側から波がきているので、
その両側の波がぶつかって、
陸から島に向かって一直線に白波がたっているのである。
見たことない景色にびっくりした。
波のないタイミングを計り、無事通過。

松崎まで行ける気がしてきた。
もう少しだ。気を抜かずに行こう。
スポンサーサイト

| アウトドア日記 | 13:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://morinotaneblog.blog133.fc2.com/tb.php/41-797253d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://morinotaneblog.blog133.fc2.com/blog-entry-357.html