森のたね

富士山麓での田舎ライフを綴る「森のたねブログ」。「農村ライフの楽しみ方」や、「アウトドア・自然体験などのイベント」を紹介していきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファミリーメッセに出展しました

先週末は、母力向上委員会主催の「ファミリーメッセ」に出展してきました。
富士宮市内の、幼児をもつ親子がすべて参加したんじゃないか、
というぐらいの入り具合でした。

森のたね ファミリーメッセ イベント出展

小さい子でも、簡単に名前を入れられる感じで行いました。
完成したのが、こんな感じ。

森のたね ファミリーメッセ 鹿革ネームタグ

森のたね 鹿革ネームタグ ワークショップ

自分で言うのもなんですが、いい感じです。
鹿革のさわり心地もタマりません。
持っていない人は、早く作りにきてください(笑)

こんな感じで早速、使ってくれている人もいましたー

森のたね 鹿革ネームタグ 使用例

いいでしょ!
(NAOKI)

| 活動報告 | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猟師ときこり体験デイツアーやりました!

先週末は、大工さん(女性)と革職人さん(女性)と税理士さん(男性)が、参加してくれました。

午前中は、猟師体験ということで、猟師と森を歩きました。
けもの道や、野生動物の痕跡、罠のかけ方などレクチャーしました。

森のたね 猟師ときこり体験 ジビエランチ


そして、昼はもちろん、ジビエ料理。
鹿コロッケサンドや、鹿焼き肉バーガー、有機野菜バーガー。
地元の有機野菜と、獲った鹿肉と、自家製小麦からのパン。
あいかわらず、めちゃうま!!

午後は、木こり体験ということで、ヒノキ間伐材の伐採を行いました。
人工林のことや、間伐のことをお話し、伐採、
そして、枝払いや玉切り、皮むきを行いました。

3人が一番興奮していたのは、この時期の木の皮の剥け具合。
ツルンツルン剥けるのには、大工さんもびっくり!!

そして、森のたねのヒノキの材を、イベントで使用するために持って帰ってくれました。
で、作ったサンプルがコレ↓

森のたね ヒノキ間伐材 動物イス

かわいい猪です。



自分自身が独立して、3か月が過ぎました。
そんな中、ほんとに沢山の人に助けられ、支えられながら、活動ができているのは本当に幸せ。

考えていたより時間がなくて、自分ひとりでは思ったことのほんの一部しかできない状況です。
もし、森のたねの趣旨に賛同してくれる人がいたら、ぜひ声かけてください。
森のたねの活動を、一緒に盛り上げてくれる仲間を常に募集しています。

まだまだ地道で小さな種ではありますが、一緒に育てていきましょう。
(NAOKI)


| 活動報告 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

里山暮らしキャンプ6月やりました!

報告していないことがたくさん・・・・
なにから書いていいやら。

と、先月の「里山暮らしキャンプ」の報告です。

森のたね 里山暮らしキャンプ なめし

梅雨の時期の1泊2日。
狩猟体験をして、ジビエバーベキューをしたり、
地元の祭りに参加したり、
なめしの毛抜きと脂とりを手伝ってもらったり。

革に携わる人なので、皮を体験しにきてくれました。
勉強熱心な方で、こちらも沢山刺激をいただきました。

猟師と靴職人、里山と街中、
取り組みは異なるものの、大事にしているものは共通だと感じました。

体験させる側のハズが、逆に教えてもらうことも多かった。
うまく表現できないですが、お互いに刺激を与え合う、そんな関係が良かったです。
(NAOKI)

| 活動報告 | 00:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

横浜に行ってきました!

先月のことになりますが、横浜へ行ってきました。
ヨコハマハンドメイドマルシェという大きなイベントで、
出展数1,200ブースという、日本最大級のハンドメイドの祭典でした。

そこで、森のたねはワークショップを担当。
「猟師の鹿革クラフトワークショップ」をやらせていただきました。

森のたね ハンドメイド 鹿革ワークショップ

猟師の話、森の話をした後、クラフトへ。
みなさん熱心に作成してくれました。

富士山で捕獲し、解体し、皮をなめし、そしてこのワークショップにて加工。
富士山の森とつながっている、この森の恵みを大切にしてもらえるとうれしいなあ。
しかも、自分で作ったというプレミア付き。

森のたね ハンドメイドマルシェ 鹿革ワークショップ

そして、完成後パシャリ。
どんなものができたかというと、

森のたね 鹿革 がま口

参加してくれた皆様、ありがとうございました。
森のたねのキャンプやツアーにも関心をもってくれた方も多く、遊びにきてくれるといいなー

前日は横浜中華街などを楽しみ、マルシェも勉強になりました。
また、マチにいく機会をつくっていきたいなー
(NAOKI)

| 活動報告 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

樹を植えました

樹を植えましょう~野生動物の棲める森に~には、
急遽荒天のため、次の日にずらしたのにもかかわらず、多くの人が参加してくれました。

森のたね 野生動物の棲める森 植樹5

今回は、人の喜ぶ森と野生動物の喜ぶ森のために、樹を植えます。

傾斜のゆるやかなところには、人の喜ぶ森。
季節を通して楽しめる、沢山の果樹を植えました。

森のたね 野生動物の棲める森 植樹1

傾斜の急なところには、野生動物の喜ぶ森。
小学生以上の子やお父さんたちが急な斜面でがんばってくれました。

森のたね 野生動物の棲める森 植樹2

そして、昼は住職による食法(じきほう)。
お弁当と、そして猪汁。うまい!

森のたね 野生動物の棲める森 植樹3

それぞれ、樹名板を書いて、打ち付けてなんてやっていると、こんな来訪者も。

森のたね 植樹 ヤマドリ1

立派なヤマドリ。
みんなできれいな羽を観察していると、小さな猟師たちが・・・

森のたね 植樹 ヤマドリ2

森の奥のほうまで、子どもたちは追いかけていきました。
狩猟本能って、やっぱりあるんですね。

そんなみんなの協力もあり、このお寺の敷地に、かれこれ全部で200本の苗木を植えました。
森の成長とともに、森のたねも育っていきたいと思います。

まあ、植樹をしてからが、勝負です。
これから、草刈りや森づくりや狩猟などが里山保全に必要となりますので、
みなさま、ぜひご協力ください。
(NAOKI)

| 活動報告 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://morinotaneblog.blog133.fc2.com/blog-entry-357.html